ホームインスペクション / 既存住宅状況調査をお考えの方

◇ホームインスペクション◇

ホームインスペクション(住宅診断)は、住宅の劣化状況を主に目視で調査し簡易に診断するものです。

当事務所では、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会(JSHI)が定める項目・方法に準じ、中立性を堅持し第三者の立場で客観的に調査し診断します。

入念な調査、診断の根拠、補修の必要性など中古住宅ご購入予定の方には有益な情報になると思います。

戸建て住宅では、床下・小屋裏内部は点検口からの目視を標準としています。

より詳しい調査をご希望の方は床下進入調査・小屋裏進入調査(オプション)をご利用ください。

耐震性能に不安がある方は耐震診断(オプション)をご利用ください。耐震診断は、原則として平成12年5月以前着工の木造(平屋建て、2階建て)を対象としています。    

資料

住宅診断JSHI 

ホームインスペクション(戸建て住宅)重要事項説明書  

ホームインスペクション(マンション住戸)重要事項説明書 

手続きの流れ

①お申込み → ②調査日時等の打合せ・依頼書の送付 → ③依頼書のご記入・ご返送(契約)→ ④現地調査 → ⑤報告書の提出

料金についてはこちら「ホームインスペクション」を参照ください  

 

◇既存住宅状況調査◇

宅地建物取引業法では、中古住宅の売買契約重要事項説明時に、既存住宅状況調査(ホームインスペクション)を行っているか否かの説明が義務付けられています。

住宅の劣化状況を主に目視で調査し簡易に診断し、所定の様式で報告します。

手続きの流れ

①お申込み → ②調査日時の打合せ → ③調査委任契約(重要事項説明・契約) → ④現地調査 → ⑤報告書の提出

料金についてはこちら:「既存住宅状況調査」を参照ください