竣工検査 / 建築中の工事検査をお考えの方

◇竣工検査代行◇

竣工検査では、建て主様、購入者様に代わって第三者の立場で客観的に出来栄えを確認します。

竣工検査で何をしたらいいかわからない、工事に不安がある場合などにご利用ください。

資料 

竣工検査(戸建て住宅・マンション住戸)重要事項説明書

手続き等の流れ

①お申込み → ②調査日時等の打合せ・依頼書の送付 → ③依頼書のご記入・ご返送(契約)→ ④竣工検査 (→ 報告書の提出)

料金「竣工検査代行」をご参照ください  

 

◇建築中の工事検査◇

新築住宅には、建築基準法では工事着手前の確認申請、工事期間中の工事監理(建築士が設計図書通りに施工されているかを確認)、竣工後の完了検査が必要になってきます。

さらに、福岡県内では一戸建ての木造住宅(在来軸組み工法のみ)には構造耐力上主要な部分の中間検査が義務付けられています。

瑕疵担保履行法(施工者等に10年間の保証責任を担保するための保険等を義務付け)では工事期間中に構造耐力上主要な部分、雨水の進入を防止する部分の検査が義務付けられています。

しかしながらこれらの法的手続きで工事のすべてが確認できるわけではありません。特に、耐震、省エネ(断熱)、防水などの基本性能は気になるところです。より確実な施工をお望みの方には建築中の工事検査をお勧めします。

●対象は木造の一戸建て住宅。検査の工程や内容はご相談に応じます。

資料 

建築中工事検査(戸建て住宅)重要事項説明書

手続き等の流れ(フルで行うメニューの場合)

①お申込み → ②依頼内容などの確認・依頼書の送付 → ③依頼書のご記入・ご返送(契約)→ ④事前の打合せ(建て主様・施工者様との三者) → ⑤工程の検査 → ⑥報告書の提出

料金「建築中の工事検査」をご参照ください